2023年ロンドンマラソン完走記③【レース当日:スタート前】

2023年ロンドンマラソン完走記③【レース当日:スタート前】世界6大マラソン
スポンサーリンク

バタバタとして特別な準備もできず、日常の延長のような平常心で臨んだ4月23日のロンドンマラソン。サブ4できなかった2022年のアメリカ3連戦のリベンジを果たせるか、ドキドキ。

ニューヨークシティマラソンでは雨がパラついたけど、ずっと雨が降っていたフルマラソンは初体験でした。

今回はレース当日のスタート前の食事や準備、スタート地点への移動をアップします。

この記事を書いている私は2011年にサブ4でフルマラソンデビュー後、2012年にPB更新(3:29:11)。以来、12年間で14回、サブ4を達成しました。

世界6大マラソン大会制覇を目指し、2022年はボストンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンの3レースを完走しました。2023年の初戦はロンドンマラソンです。

スポンサーリンク

2023年ロンドンマラソン完走記③【レース当日:スタート前】

2023年ロンドンマラソン完走記③【レース当日:スタート前】

ロンドンマラソンは、ロンドン南東部に位置するグリニッジ公園をスタートし、テムズ川沿いにロンドン市内を走り、バッキンガム宮殿のあるセントジェームス公園にゴールする片道コース。

ロンドンマラソンコース

10:00から11:30に、5万人のランナーが3つのスタートエリアからWaveごとに順次スタートします。

4月23日(日)ロンドンマラソン当日 スタート前の食事や準備【スタート編】

気温10℃、天候は霧雨☔️

最高15℃、最低9℃、小雨は11分後にやむ予想🙄

ロンドンマラソン当日の気温

5:00 起床

21時過ぎに眠って5時に起床予定だったけど、0時に目が覚めてしまってからは、朝が来るのをじーっと待つ🛌

でも、Garmin的には7時間もぐっすり眠れたことになっているので、睡眠時間は十分だと脳に暗示をかける💤

ロンドンマラソン当日の体調

5時前に動き出して、まずは熱いシャワーを浴びる🚿

シカゴマラソンのときの朝の気温は6℃、NYCマラソンは18℃だったのに比べると、中間くらいのちょうどいい気温だけど、雨が降ってる〜😅

ロンドンは毎日だいたい雨予報だけど、ずっと降り続けるわけではなく、少しだけ降ってやむことも多いそう🤔

5:15 テーピングと着替え

ニューハレテープXで足首、Vタイプでふくらはぎ、膝、背中をテーピング🦵

足の指にワセリンを塗ってから、靴下を履く🧦

ウエアが擦れやすいウエストやバスト周りにもワセリンを塗り、パワーテープを腕や首に貼って準備💪

フルマラソンも21回目となると慣れたもの😄

CW-Xのタイツを履いて、EXPOで購入したロンドンマラソンのTシャツを着て、パンツはレース恒例のパンダーニ🐼

ウエアにゼッケンをつけ、ノースフェイスのキャップオークリーのサングラスOLENOのアームスリーブ、CW-Xのグローブ、ジェルなどの持ち物をセット💊


勝負シューズはアシックスの「METASPEED SKY+」にした👟

5:30 朝食

今回はツアーなので、前日に朝食のお弁当が配られている🍱

朝食はおにぎり

水にアミノバイタルを溶かして飲みながら、唐揚げは食べずに、おにぎり3つのうち、2つを食べて、残り1つは持って出ることに🍙

トイレが故障して水を流せなくなり、フロントに連絡して速攻で修理してもらう🚽

よくあることのようで、朝早い時間なのに手際よく直してくれて、よかった〜〜〜😮

6:00 準備

持って走る予定のジェルやサプリ以外にも、おにぎりやジェル、羊羹、ティッシュなどの他、履き替え用のランニングシューズ(古いアディゼロタクミレン)、シャワーキャップやビニール手袋をEXPO会場でもらった透明ビニール袋に入れる🤲

JTBの添乗員さんの説明によると、雨が降っていなくても待機場所の草が夜露に濡れていて、走る前に靴がぐしゃぐしゃになるので、絶対に替えの靴を用意するのがお勧めだそう👟

あるいは、コンビニの袋などで靴を濡れないようにするのがいいとのこと💡

6:30 ツアーバス出発

日本人ツアーは10分前集合厳守かなと6:20にロビーに行ったら、やはり8割くらいはもうバスに乗り込んでいた🚌

私たちも防寒用のシャツを着込んでバスに乗り込む👕

パワーが出るように、ネイルチップはロンドン仕様🇬🇧

勝負ネイル

雨予報だったのに、雨があがった〜〜〜😆

7:20 待機地点に到着

特に渋滞もなく、車内でうとうとしていたら、待機場所となるGreenwichの「カフェルージュ」に到着💄

Greenwichの「カフェルージュ」

少し手前の通行止め地点でツアーバスを降ろされそうになり、「ここから10分ほど歩いていきましょう」と言われ、「歩きたくないなあ」と気持ちが萎えかけたけど、通行許可証を持っていたため、カフェ手前までバスで行けて、ほっとする🤭

グリーン、イエロー、ブルー、レッドのゼッケンそれぞれのスタート時刻や場所に合わせて、好きな時間に出発することになっていて、その時間までカフェで待機する😌

私に割り当てられたWaveやスタート時間は「Start Colour:Blue Start Wave:5、Wave Opens:10:02〜10:12 Start Time:10:16〜10:19」、夫は「Start Colour:Red Start Wave:3、Wave Opens:10:07〜10:17 Start Time:10:21〜10:25」😬

Waveやスタート時間

スタート地点やカフェの場所は昨日の下見で確認済みで、この待機場所はRedに近く、Blueが一番遠い💦

スタート地点までの道

コーヒーを飲むこともできたけど、当然というか、カフェインをとる人はいない☕️

おにぎり1つ食べて、何度かトイレに行く🚾

SixStarを目指す人ばかりで、参考になる話がたくさん聞けた👂

侍の仮装をするサブ2.5ランナーさんもいて、さすがロンドンマラソン⚔️

8:50 歩いてブルースタートへ出発

ロンドンは雨が止んでいても突然降り出すことが多いそうで、できるだけカフェで粘りたい🙄

でも、ニューヨークでは途中のフェリーターミナルで時間を潰して後悔することになったしな〜😓

時刻を見計らって、そろそろ行きましょうという声に誘われ、添乗員さんや現地ガイドに見送られ、ブルースタートのWave5の男子、Wave6の女子2名、Wave7の男子の5人で8:50ごろに店を出る🚶♀️

9:20出発地点に到着

ロンドンマラソンは、世界標準時となるグリニッチ天文台があるGreenwichからスタート🕰️

ブルースタートのランナーは本当なら、ロンドン市内のVictoria駅などから電車でBlackheath駅へ20分くらい、そこから歩いて10分くらいのはずだけど、歩いて30〜40分ほどかかるとのこと😓

ツアーバスだったから公共交通機関を使っていないけど、レース当日は18:30まで、地下鉄もバスも無料で乗れるという、粋な計らいがあるそう🚇

雨も降っていないし、ツアー参加の素敵な女性と楽しく話しながら歩いていたら、9:15ごろにGreenwich Parkのブルースタートのゾーンに到着🙌

スタートゾーン

セキュリティチェックや荷物検査など何もなくて、ただゼッケンを見せて公園へ🏞️

前日に下見に連れてきてもらって見ていた通り、待機エリアは本当に何もないただただ広い公園で、テントも座るところもフードやドリンクなどのサービスもない👀

みんなレジ袋や予備の靴を持ってきていたけれど、芝は全然濡れていないし、靴を履き替える必要なんて全然な〜い😂

古いアディゼロを直前まで履いて、捨てるつもりでいたけど、履き替えないまま、ジェルを一つ食べる🤫

しばらくしたら雨が降り出した☔️

私はビニールの使い捨てレインウエアを着て、防寒着を持っている人は身につける🧥

雨が次第に強くなってきたけれど、防ぐ術なし😥

9:50 荷物預け&トイレ

トイレの列に並ぶ前にみんなは荷物を預けようと、指定された番号のトラックのところへ🚚

シューズと一緒に羊羹やウエットティッシュなども捨てようと思っていたけれど、ゴミ箱がどこにもないので、私もゼッケンを見せてビニールの袋を預けることにした😑

荷物を預けてから、Wave5&7の男子と別れて、Wave6の女子2名とトイレの列に並ぶ🚺

列の長さがものすごくて、Wave Opensのタイムに間に合わないかも、と女子3人で焦る😰

あともう少し、というところで、一人が「諦めてスタート地点に行こう」というけれど、私ともう一人は「せっかく並んだからこのまま待とう」と粘る🚻

複数のトイレに対してランダムに列ができているスタイルだと、新しい列を作って割り込んでくる人がいるけれど、1列に対しコの字型にトイレが並ぶスタイルで、列が勝手に増やされることはない✌️

あっという間に進んでいく😵

雨が降っているなか、トイレットペーパーを補充する係の人が、個別トイレの入り口にたくさんペーパーを積み上げてくれる🧻

ボストンやシカゴ、NYとは違う‼️

無事にトイレに入り、ちゃんと流せて(それもびっくり)、手洗い後のジェルも用意されている👏

イギリスはトイレをきれいにすることへのこだわりが強いとイギリスに住んでいたランナーさんに教えてもらう✨

10:20 スタンバイ

もう私のWave5は時間が過ぎているので、他のツアー女子に合わせてWave6のスタート地点へ👉

後ろのWaveでスタートすることはまったく問題なし🙆♀️

ゼッケンなんて適当に見ているだけかと思ったけど、ちゃんとWAVEを確認して、ブロックされているランナーもいた😳

私たち3人のすぐ後ろで締め切られ、ギリギリ間に合ってよかった〜👌

防寒着を備え付けの寄付BOXに入れて、ウエアの上にビニールのレインコートだけになり、スタートに並びながら、写真を撮ったり撮られたり📷

ブルー、グリーン、レッドの3つのスタート地点に別れているので、混乱もなし👍

スタートエリアの横に熱気球が2台用意されていて、いまにも飛び立とうとしていて、スケールがでかーい🎈

いよいよスタート時刻が近づいてきたので、レインコートも脇のゴミ箱に捨てる🗑️

列の中央からは、防寒着が飛んでくる👕

私も少しでも身軽になろうと、ティッシュをゴミ箱に向けて投げ捨てた🚮

10:25 スタート地点へ移動

少しずつ前に進んで、スタートラインが見えてきた👀

補給食として、アミノサウルスのジェル2個、Mag-onジェル2個、飴6個🍬、脚攣り用の漢方薬「芍薬甘草湯」とMag-on顆粒1包ずつ、ロキソニン1錠をポケットへ💊

次回はレースのスタートからハーフまでをアップします。

ランニングシューズのAmazon売れ筋ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました