2023年ロンドンマラソン完走記②・EXPOでゼッケン受け取り【レース前日】

2023年ロンドンマラソン完走記②・EXPOでゼッケン受け取り【レース前日】世界6大マラソン
スポンサーリンク

ロンドン2日目。

ロンドンマラソン前日は朝からコースの下見も兼ねて、ツアーバスでまずはゴール地点のバッキンガム宮殿へ。お昼前にエキスポ会場(ExCeL)でBibをピックアップ。お寿司のランチを食べて再集合し、スタート地点のグリニッジパークへ。

ロンドン市内観光を楽しみつつ、よく歩き回りました。前日はできるだけ脚を使いたくなかったけれど、ツアーだから仕方ありません。

夜は早めにホテルの近所の丸亀製麺へ夫と友人と3人で行き、うどんでしっかりカーボローディングしました。

今回はエキスポ会場とスタート地点&ゴール地点、お寿司ランチ、レース前日の夕食などをアップします。

この記事を書いている私は2011年にサブ4でフルマラソンデビュー後、2012年にPB更新(3:29:11)。以来、12年間で14回、サブ4を達成しました。

世界6大マラソン大会制覇を目指し、2022年はボストンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンの3レースを完走しました。2023年の初戦はロンドンマラソンです。

スポンサーリンク

2023年ロンドンマラソン完走記②・EXPOでゼッケン受け取り【レース前日】

2023年ロンドンマラソン完走記②・EXPOでゼッケン受け取り【レース前日】

4月22日(土)ロンドン市内観光

朝5時にスッキリ目覚め、夫はロビーで仕事。ホテルから、もう電車が走ってるのが見えます。

朝5時に電車

ロンドンマラソン情報をチェックしていて、ニューバランスでメダルに無料刻印してくれることがわかって、

ニューバランスでメダルに無料刻印

ニューバランスにメールを送りました。

ニューバランスにメール

3日間あるけれど、25日には帰国なので、レース翌日に行きたいな。予約の必要はありません。

メダル無料刻印は3日間

オックスフォードストリートストアの場所を調べ、ホテルからの交通機関もチェック。30分ほどで行けそうです。

ニューバランスへの経路

シカゴやNYでは自分でホテルと航空券を手配したので、朝食がついていなかったけれど、今回はゴージャスなJTBツアー。朝7時から、しっかり朝食をとりました。

朝食

デザートのヨーグルトを食べていたら、すぐにランナーでごった返し。

朝食のヨーグルト

今日は9時に出発してロンドン市内観光へ。

自然史博物館、

自然史博物館

ハイドパークを過ぎ、

ハイドパーク

ゴール地点に近いバッキンガム宮殿でツアーバスを降り、歩きます。

バッキンガム宮殿

世界中に名高いロンドンの衛兵。交替式は見られませんでした。

バッキンガム宮殿の衛兵

バッキンガム宮殿前の彫像。

バッキンガム宮殿前の彫像

応援席が用意されていると思ったら、戴冠式用でした。

戴冠式用の席

明日のゴール後に使うかもしれないジェームスパーク駅を通過し、

ジェームスパーク駅

歩いてビッグベン方向へ。

ビッグベン

ロンドンのシンボルの時計台ビッグベン、正式名称「エリザベス・タワー」。ちょうど10時で、鐘の音が聴けました。

ビッグベン

国会議事堂、

国会議事堂

ウエストミンスター寺院、

ウエストミンスター寺院

入口付近、

ウエストミンスター寺院入口付近

いかにもロンドン、という観光スポットの数々にテンションが上がります。

ツアーバスに戻り、ロンドン・アイを車窓から見学。

明日はここを走るんだなあ。

ロンドン・アイ

ロンドン塔も見えました。

ロンドン塔

ロンドンマラソンEXPO「ExCeL」

テムズ川沿いの道を走り、11時にロンドン東部のテムズ川北岸に建てられた巨大展示場「ExCeL London」へ到着。

ExCeL London

ロンドンマラソンのEXPOです。

ExCeL London

14時出発までは自由行動になり、ツアー参加者はそれぞれで手続きや買い物、ランチをとることに。

ExCeL London

荷物チェックもなく会場内に入れます。ゼッケンの引き取りカウンターで事前に送られているQRコードとパスポートを提示して、フルのゼッケンとバック(ビニール袋)を受け取ります。完走証のTシャツは、走り終わってもらうよう。

ExCeL London

ロンドンマラソンのスタートまで、あと23時間。

ExCeL London

会場内は華やかです。

ExCeL London

参加賞のTシャツを事前にもらえないので、オフィシャルスポンサーのニューバランスのブースでロンドンマラソン2023限定のTシャツを記念の意味も込めて購入することにしました。45ポンド(約8,000円)。

ロンドンマラソン2023限定のTシャツ

ジャケットやシューズ、アクセサリーなどが大量に売られていて、世界中のランナーで大賑わい。夫と別れてウエアを見ていたら、見つけられなくて焦りました。

携帯が通じないのって不便だなあと思っていたら、Wi-Fiが通じて感動!

買い物を済ませ、ニューバランスの売り場を過ぎて、On、HOKA、ALTRAなどのブランドが出展していたけれど、NYでOnを買ったし、ここは素通り。

テーブル席を確保して、「CHOZEN NOODLE」でお寿司をテイクアウトしてのランチ。18ポンド(約3,000円)。

ExCeL Londonでランチ

ロンドンマラソンまで、あと21時間を切りました。

ExCeL London

スタート地点のグリニッジ・パーク

14時に出発して、20分ほどでスタート地点のグリニッジ・パークへ。

GREEN START地点を間近に見て、雰囲気を掴みます。

グリニッジ・パーク

世界各国のタイムゾーンの基準となった、経度0度に位置するグリニッジ天文台へ向けて小高い丘を登ります。

グリニッジ天文台

グリニッジ標準時を示す24時間表示の時計。

グリニッジ天文台

旧王立天文台。

グリニッジ天文台

ロンドンの街並みが一望できます。

グリニッジ天文台から見下ろす街並み

明日、走るコースを見下ろして、けっこう下るんだなあと実感。

近くに行っても逃げないリス。

グリニッジ天文台のリス

まるまる太っていて、

グリニッジ天文台のリス

可愛かった〜〜〜。

グリニッジ天文台のリス

レース前の待機場所となる「Café Rouge」へ寄り、

Café Rouge

自分のスタート地点までの道を各自が確かめます。

待機場所の位置

ピカデリーサーカスとトラファルガースクエアへは交通規制の関係で車窓観光もできず、17時にホテルに戻りました。

ホテルに戻らないとWi-Fiが通じなくて不便!

ホテルカード

ホテルで、明日の朝食のお弁当を受け取り、部屋に戻ってレースのウエアを用意。

レースのウエアを用意

「丸亀製麺」で友人とうどんの夕食

私たちのホテルの最寄り駅、ハイストリート ケンジントン駅にはいろいろなお店が入っていて便利。

ハイストリート ケンジントン駅

構内にある「丸亀製麺」前で、18時に友人と待ち合わせ。

丸亀製麺

ビールは飲まず、かけうどんと鶏の天ぷらで、ロンドンマラソンのカーボローディング、完了です。

かけうどんと鶏の天ぷら

ホテルに戻ってお風呂に入り、21時過ぎから3時間、ぐっすりと眠れました。

そのあとは寝つかれず、ベッドに体を横たえてじーっと休みました。

次回はレース当日のスタート前の食事や準備、スタート地点への移動をアップします。

ランニングシューズのAmazon売れ筋ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました